· 

2021年2月1日

人生の成功・幸せって人によってそれぞれ。

今日はちょっとだけヨガ哲学のお話です。

 

「アーシュラマ」四住期について

 

インドのヒンドゥー教や仏教の思想に

人生を4段階に区切る考え方があります

  1. 学生期(梵行期) - 師のもとでヴェーダ聖典を学ぶ時期・学業に励む時期
  2. 家住期 - 家庭にあって子をもうけ一家の祭式を主宰する時期・家族と共に過ごす時期
  3. 林住期 - 生き方の意識が外から内に変わる時期
    森林に隠棲して修行する時期
  4. 遊行期 -落葉の時期・葉の裏表を見せ根を張る時期
    一定の住所をもたず乞食遊行する時期

 

いかにも行者が行いそうな雰囲気漂います笑

 

アーシュラマについてのwikiもリンクを貼ります

個人的にはヒンドゥー教の教えも面白いのでこちらもリンク貼りますw

 

 

「人生においての季節」というか「時期」というか。

そのようなものですね。

 

 

今のわたしで言うと「家住期」と言ったところで。

 

今は家族へエネルギーを注ぐことを大切にしつつ
関係性を育む時期。
わたしの仕事は可能な範囲で楽しみつつw

子供の遊びや生活が充実できるように過ごす。

 

 

バリバリ仕事したい!という気持ちが全く無いわけでなく
わたしの場合は独身〜子供が産まれる前後までの間に
充分にやりきった!という自負があるのも

関係してるような感覚もありつつ。

 

 

人生においてのペース配分とバランスと言ったところで。

自分自身にスペース・余白を持つ。そんなバランスですw

 

 

子供の手が離れた時期にどういうことをやりたいか。

それまでの間どう過ごすか。

っていうかどんなことをやりたいか。

そんなところをイメージしながらも、

「いま、ここ」にいるわたしを大切にする。

 

 

 

 

これは自分の経験上からなのですが
焦りや孤独などの

いわゆるネガティブな感情が湧き上がるのであれば

ゼロステップに立ち返ることもアリですw

今何処に自分がいるのかクリアになると視界も違ってきますよ✳︎

この辺りはオンラインヨガでお伝えしていきます。

 

 

 

これを読んでくれてるあなたは 今、どの時期にいますか?

 

 

あなたから湧き上がる感覚や感情はあなたからのサインです。

大切にしましょうね☺︎