· 

2021年1月29日

 

昨日は母の命日で不思議とこれまでとは違う

感謝のような柔らかな感覚が宿っていることに気づいたわたし。

 

こんなスペースが生まれてきたのは
これまで一つ一つ昇華させてきたからなんだと思う。

 

亡くなってからの2,30代は随分と苦しんだ。(なぜか)

 

進学先や就職先にわたしの意見は反映されることはなく
一人前に育て上げることが親の責任なのだと思っていたのかもしれない。

 

わたし自身もちゃんと考えていなかったので
なんとなくこの学校や就職先につけるならいっか。

そんな軽い考えがあったなぁw あまちゃんでした。。

 

生前は言うことを聞かないことで母から逃げたかったし
亡くなってからは随分と恨んでいたぁ〜w(どんだけ勝手なんだ〜わたし)

 

しかし。だよ。そのおかげでヨガに行き着いている〜w

「ダイエット目的」で始めたヨガは

そっくりの体型が気に入らなかったからだったことに後になって気づく。

 

そして、非暴力コミュニケーション(NVC)を実践することで

相手の気持ちやニーズに寄り添えるような余裕が

次第に生まれるようになったw

 

人それぞれの価値観・常識が

生まれ育った環境で育まれていくことも次第に理解できたし

 

トラウマや愛着障害という分野があることをNVCの友人から教えてもらい
人は生きながらに「心のケアも必要になってくる」ことがわかってきてて。

更にセッションをしながら、NVCで言う『共感』の持つエネルギーを味わい

変換へと実感できるようになり体得してきてるように思う。

 

このエネルギー変換とは、

嘆き「恨み・孤独」→祝福「あたたかさ・受容・愛情」のことで

本当に人の純粋さに触れることになるので
何回立ちあってもこちらも心が洗われる瞬間。

(これをやらなくてもいいっていう選択肢があることが
わたしは気に入ってるw)

 

 

そこで。わたしが一つ提案してみたいことがあります、、✳︎

 

 

人は「何か⚪️⚪️が足りない」ことに

視線が向く傾向にあるかもしれなくて

 

なので、「⚪️⚪️を必要としてる」I need〜に

意識を向けてみるのはどうでしょうか、、

 

「何を必要としているのか、わからないよ!」

という方にはこちらのページを紹介します

 

感情はあなたのカラダ・心から湧き上がる「サイン」

そのサインに感情の名前をつけてあげる作業から始まります

感情の奥にある『大切なもの・ニーズ』への

足がかりとなる「サイン」が感情。

 

感情の22段階が上下の層を測る手がかりだとしたら
この感情・ニーズリストは自分がどこにいるのか

地図の上の緯度経度を知る羅針盤のようなもの。

 

感情の層と緯度経度が測れるようになると
地図でいう「どの辺りにいて、どの次元にいる」って
時空間3次元的な位置がわかるようになってくるのかもしれない〜✳︎✳︎

 

どの辺りにいるのかわかると冷静になれたりします。

今の地点や先がわからないから不安になるんです。。

 

 

ちなみにこの辺りはヨガ哲学とも共通すると思ってます。

日本の伝統的な思想とも。

 

追い追いブログに書いたり配信していきます。

よかったらおつきあいください〜✳︎✳︎