· 

夫婦という関係性

先日、わたしの誕生日に1年ぶりに
夫婦2人のディナーのひとときを過ごしました

今年で入籍10周年(11年目)

山アリ谷アリの期間でもありましたw


ジャジャ馬なわたしとつきあっている時点で相手も大変です笑

 

一番近い距離にいる相手ですので

見られたくない自分の癖や性質などは、相手にみえてしまいます
逆に見たくない相手の癖や性質をどうしても見てしまうことになるのです

 

 

それでも、

それでもですよ、


この三次元で別れ別れになった。としても
この1回の人生、
はたまた次の(転生後の)人生で
夫婦の絆は分かつことができない

ということが本当だったかどうかわかるのは、
あと数回転生した後なのかもしれません大笑

 

 

 

三砂ちづるさんという疫学者・作家・大学教授がいます


国際結婚、離婚、再婚、パートナーを看取ることを経た
この方の著書を数冊読んだのですが

『相手(パートナー)の人生を見届ける覚悟を据えているかどうか』

とありました

 

日本女性の母性・生き方を変わらず書いているように思えて仕方ないのです

日本の文明、文化(主に明治前の)を
憶いだすことをしてもいいのではないでしょうか

哀しみがあるから悦びが味わえる
悦びがあるから哀しみが響く

そんな日本人の元来もっていたであろう
豊かさを捉えるDNAを憶いだす作業をし合う相手

夫婦とは、そんな奥ゆかしい関係性かもしれません